読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tokyo-wasted’s diary

しがないインフラエンジニアが、余り役に立たない情報を載せていきます。

検索エンジンの Bing を使ってみた話

常日頃からGoogleのサービスにどっぷりと浸かっている。
Googleで検索して、Google Mapで地図を調べて、YouTubeで動画を見て。

その中でも検索はすべてGoogleで、物事を調べるときの道しるべは常にGoogle
あまりにGoogleに依存しすぎている毎日に嫌気が差して、Bingを使ってみることにした。

Bingのトップ画面はかっこいい

Bingトップ画面を開いてみるとこんな感じになる。

f:id:tokyo-wasted:20170228003738p:plain

トップ画面の写真は毎日更新されて、動物だったり風景だったりとかっこいい写真が並ぶ。開いてるだけでかっこよくて、Googleのシンプルすぎる画面と比べると新鮮。
画面の下にはニュースのヘッドラインが写真付きで並ぶので、仕事中は気が紛れるものの、息抜きする時には便利だったりする。

見た感じGoogleと遜色ない

Microsoft がこれまで運営してきたサーチエンジンを元に作られてるBing。先行するGoogleを意識した作りになっているので、殆ど違和感なく使い始めることができた。

叙々苑で検索した結果。食べログレビューが表示されたり、地図表示も出てくる。
f:id:tokyo-wasted:20170228004753p:plain

ただ、Bing Mapにはストリートビュー機能がないので、店の周りを確認したい場合は Google Mapで再検索する必要がある。ここはBing Maps や iOS Maps に頑張ってほしいなぁと思うところ。

気になった検索結果の精度

Googleからの移行はスムーズに終わって Bingに慣れ親しんだ頃、検索結果に「ん?」と思うことが多くなった。 例えば検索結果が1件しか出てこない、あるいはGoogleで使っていた検索キーワードの結果が大きく違っているなど。
サービスが違うのだから検索結果が違うのは当たり前としても、特定キーワードでいつも探してたページが出てこないとちょっと面倒。

あと、困ったのがどうやってもページを探し出せないケースがでてきたこと。例えば2017年2月24日にリリースされた VMware vSphere 6.0 Update 3 のリリースノートを見ようと思って検索した結果がこちら。

Googleでの「vsphere 6.0 u3 release note」検索結果
f:id:tokyo-wasted:20170228010608p:plain


Bingでの「vsphere 6.0 u3 release note」検索結果
f:id:tokyo-wasted:20170228010615p:plain


Bingだと6.0 Update 2 のリリースノートがトップ表示で、Update 3のリリースノートは下に行っても表示されなかった。なのでBingを使ってると辿り着けない・・・・。

Bingで探したけど情報が見当たらず、Googleで検索し直すと見つかる、、、という場面に何度が遭遇しました。 仕事で使う上で致命的な問題になるなあという印象です。

結局Googleに戻ってきた

Google依存は嫌だけど、Bingを使って時間を無駄にしたり仕事の効率に影響するのはもっと嫌だ、ということで結局Googleを使うことになりそう。

Bingとのお付き合いは1ヶ月弱だったけど、また暫くしたら使ってみて進化を確かめたいなぁ、という感じ。


では。