tokyo-wasted’s diary

しがないインフラエンジニアが、余り役に立たない情報を載せていきます。

VMware Cloud on AWS にNSXがもたらすネットワーク機能

こんにちは。

VMware Cloud on AWSサービスが2018年の VMworld で正式リリースされてからもうすぐ1年が経とうとしています。最初は北米オレゴンのみの提供でいしたが、右回りに地球をぐるりと回ってリージョンがオープンし続けており、ゆっくりと日本に近づいてきています(日本でのリリースは2018年の予定)。

 

この記事では、次々に進化する VMware Cloud on AWS の機能の中から、ネットワーク仮想化の NSX にフォーカスして、今後のロードマップを覗いてみます。

 

VMware Cloud on AWS におけるNSXの役割

VMwareが提唱しているSDDCは以下のように大きく3つの製品が柱になっています。そのうち VMware Cloud on AWS でネットワーク機能を提供しているのがNSXです。なかなか実際のSI案件ではNSXがもつ機能をフルスタックで使う機会には巡り合わないのですが(笑)。

 

具体的には論理スイッチによる仮想マシンへのL2ネットワーク提供、論理スイッチ間をルーティングする論理ルータ、NSX Edge によるvCenter や仮想マシンへのアクセス制御、オンプレミス環境との IPsec-VPN や L2VPNなどなど。実際の画面を踏まえた説明は別記事にしますが、NSXがもつネットワーク機能がこれでもかと使われています。

f:id:tokyo-wasted:20180618012311p:plain

 

いまの NSXが提供できていないもの

 VMware Cloud on AWSNSX が活躍していますが、「分散ファイアウォールは?」「自分でNSX Edge作成できないの?」「ロードバランサがなんでないの?」という疑問がでてきますよね。

執筆時点では、NSXが提供する機能は限定されており(Simplify Modeと呼ばれる)、NSX Managerへのアクセスはできない形でサービス提供がされています。今後のロードマップでは NSX が持つ機能が開放されていく事になっていますが、どんな機能が追加されるのかは公式サイトにしっかりと記載されているんです。

 

https://cloud.vmware.com/vmc-aws/roadmap

 

 このロードマップでは VMware Cloud on AWS の機能を紹介しながら、その機能がすでに提供されている(Available)なのか、試験的な提供(Preview)なのか、開発中(Developing)なのか、あるいは予定されている(Planned)のか、ご丁寧にステータスが書いてあるのです。

 

f:id:tokyo-wasted:20180618011732p:plain

上位に書かれている機能はほとんどが提供済み(Available)

 

見ていくと、Distributed Firewall の文字が確認できますね、ちゃんとロードマップにあるようで安心です。その他にもロードバランサや、IPsec-VPN冗長化機能なども記載されています。

個人的に、次の大きな機能拡充は以下かなと思いました

Connectivity within SDDCs

Enhancing connectivity within SDDCs enables automation and partner solutions. Native connectivity across workloads, management appliances (i.e., vCenter Server), and ESXi hosts, improving performance and throughput and simplifying configuration for automation and backup-restore solutions.

アンチウィルスやバックアップなど、サードパーティベンダーで提供されていた機能がまだまだ VMC on AWS には足りません。ここらへんが揃ってくると、いよいよ 本格的なハイブリッドクラウドへの移行が現実味を帯びてくる気がします。

 

それではこのへんで。

 

re:Invent 2017 で VMwareのクラウドサービスがさらに進化!

こんにちは。

最近 VMwareだけではなく AWSビジネスにもかかわるようになりました。
その一環で、初めてAWSの Tech Eventである re:Invent 2017 に参加してきました。

f:id:tokyo-wasted:20180119192235j:plain


今回VMware関連のサービス発表で VMware Cloud on AWS の機能追加発表がありましたので紹介します。

vCloud Airなど、これまで VMwareクラウドビジネスに挑戦してきましたが、なかなかうまくいっていない部分がありました(撤退・・・)。
そこで VMwareがとった驚きの一手は、クラウドの巨人AWSとの協力し VMwareクラウドを提供する「VMware Cloud on AWS」でした。VMC on AWSが発表されてから1年、やっと北米でサービス提供が開始されましたが、さっそく今回の re:Invent 2017 で進化しました。

まず、サービスローンチ時に提供されていなかった「オンプレミスのvSphere環境から vMotionして VMC on AWS仮想マシンを移行する」という目玉機能ですが、早くも追加されました! 距離のある Cross-vCenter vMotionという感じですが、これがサポートされたことでオンプレミスからクラウド移行の選択肢としてかなり有力になりました。実際には仮想マシンサイズやネットワーク遅延などを考えて、かなり検証が必要になる機能ですが、早く検証してみたいですね!

次に、オンプレミス環境との接続はこれまでVPN接続のみがサポートされていましたが、AWS Direct Connect(Dx) による接続がサポートされました。 Dx接続によってキャリアが帯域保証する安定した回線を使えるようになり、オンプレミス環境とのトラフィック品質についてユーザの懸念を払しょくできるようになりそうです。

そのほかにも、これまでの最大ホスト台数16台が倍の32台になったり、課金制度が従量課金だけではなく1年・3年のサブスクリプション選択が増えより低料金で利用できるようになったりと、サービスの拡張が行われています。

f:id:tokyo-wasted:20180119193240p:plain

今回のアップデートは 「マイルストーン2」と呼ばれているそうです。
日本でのサービスローンチが2018年の末ごろになるそうですので、それまでにも複数のマイルストーン更新で進化を続けていきそうですね。

個人的には、最小のESXiホスト台数を 4台から 2台とか3台にしてほしいのですが・・・・笑


それでは!

Nested ESXi 構築時のレシピまとめ (vSphere 6.5 + vSAN)

物理サーバ上に ESXi をインストールすることで WindowsLinux などのOSを仮想環境上で動かすことができます。 しかし、ESXi を自体も仮想マシンとして作成することで、ESXiのインストール手順やアップグレード手順などを検証することができるようになります。 また、複数のESXi を用意して vSphere HA や vMotionなどの機能も検証することもできるようになるので、勉強するにはもってこいの機能です。 ESXiを動かす環境を用意するには物理サーバが必要ですが、この方法であれば少ない物理サーバであっても大丈夫です。
このように仮想マシンとしてデプロイされる ESXi は「Nested ESXi」などと呼ばれ、VMware製品の検証環境を作る定石になっています。

Nested ESXi をデプロイするにはいくつかのお作法がありますので、備忘録としてまとめておきます。

1) VMware Toolsインストー

ESXiも仮想マシンとして動作しますので、VMware Toolsがないと色々と不便です。vSphere 5.x では以下のリンクにあるFlingをインストールする必要があります。 vSphere 6.0以降であれば組み込まれているので不要です。

labs.vmware.com


2) ゲストOSのバージョン設定

ゲストOSのバージョン設定は、Windows Server や CentOSなど選ぶ事ができます。Nested ESXi の場合は「ゲストOS」を「その他」に設定し、ESXi バージョンを選択します。

下記例では 5.x を指定していますが、6.x や 6.5 が選択できます(ESXi 6.5 の場合)ので、環境に合わせて設定します。
f:id:tokyo-wasted:20170616022528p:plain


3) hardware-assisted virtualization (HV)有効化

ハードウェア仮想化機能を仮想マシンに提供するため、物理サーバ上の ESXiホストで以下のコマンドを実行します(再起動は不要)。

echo 'vhv.allow = "TRUE"' >> /etc/vmware/config

コンフィグを確認し、以下のように追加されていれば完了です。
f:id:tokyo-wasted:20170616023330p:plain


4) ハードウェア仮想化機能をゲストに公開

前項 2)と関連しますが、ハードウェア仮想化機能を仮想マシンにも公開(Expose)するため、Nested ESXi の仮想マシン設定を開き以下のチェックボックスを有効にします。
f:id:tokyo-wasted:20170616023914p:plain


5) CPU/MMU仮想化設定

この設定は必ずしも必要ではないかも知れませんが、Nested ESXi仮想マシン設定の「CPU/MMU仮想化」から以下を選択します。
f:id:tokyo-wasted:20170616024157p:plain


6) vSAN構成時のエラー対処

Nested ESXi が vSANデータストア上にある場合、ESXiインストールが開始されるとエラーがでて失敗します。インストールするバージョンによってエラーメッセージは異なります。

この事象の対処法は以下のブログに紹介されていました。コマンド1行を物理サーバ上の ESXiで実行すればOKです。

www.virtuallyghetto.com

コマンド: 
esxcli system settings advanced set -o /VSAN/FakeSCSIReservations -i 1




と、ここまで書いてきましたが。。。
このようにNested ESXiの構築は手間がかかっていたのですが、現在は以下のようにOVFでデプロイするだけの Nested ESXiが非公式ながら提供されています。まだ使ったことがないので、試して気づいたことがあれば記事を書こうと思います。

www.virtuallyghetto.com



では。

NSX AUTOPOLOGY - 絵を描いてネットワーク構築

VMware から面白い Flings がでてきました。
WYSIWYGGUI でネットワークを描くことで、設定ができるらしいです。

labs.vmware.com


百聞は一見にしかず、以下の動画でコンセプトはよくわかります。

www.youtube.com



NSX の無味乾燥な GUI をキャッチーにしてくれるツールです。
もちろん裏方で動いているのはNSXですので、エンジニアの立場としては AUTOPOLOGY によって作業や管理が楽になるわけではまったくありませんが、ユーザへのデモ映えとしては最高ですし「SDN、もとい、SDDCはここまで楽になりました!」とアピールするには持ってこいですね。

ただ残念なことに AUTOPOLOGY は NSX-T 向けなので、日本で普及するまではあと2年くらいは掛かりそうですね。
Flingsとして登場したことで、今後の NSX がどのように進化していくのかを少し垣間見ることが出来た気がします。

VMware NSX の問題切り分け (ホストの準備/Controller接続)

NSX for vSphere環境でのトラブルシューティングは日本語のリソースが少ない気がしますので、よくあるトラブルとその対策について書いてみます。

NSXトラブルシューティングの大前提

NSXを正常に動作させるために、いくつかの前提がクリアになっている必要があります。

・ESXi、vCenter Server、NSX ManagerのFQDNDNSサーバに登録されている
・上記が正常にDNSで正引き/逆引きできること
・NTPが各コンポーネントに設定され時刻同期されていること
・各コンポーネント間にファイアウォールなどネットワーク通信を遮断する機器がないこと
 ある場合は必要なポートが許可されていること(ポート要件は以下KB参照)
kb.vmware.com


NSX Controller をデプロイ出来ない

NSX Managerをデプロイして vCenter連携を行ったあと、最初に行うのが NSX Controllerのデプロイです。 このデプロイが失敗する理由は主に以下のような理由が多いと思います。

NSX Controllerがデプロイできない
 → ESXi、vCenter Server、NSX Manager がDNSに登録されているか確認する
 → ESXi、vCenter Server、NSX Manager のDNSサーバ設定を確認する

NSX Controller の状態が [接続中] にならない
NSX ControllerとNSX Managerが通信できていない場合、こうなります。

 → DHCPの場合は、正常にIP払い出しがされているか確認
 → IP Poolの場合、正しいIPアドレスが記載されているか確認
  ※IPアドレスの区切りを「カンマ」に誤記していたことがあった(笑)
   例)「192,168,1,1」
 → 接続するポートグループ設定が間違っていないか
 → Nested ESXi 上にデプロイした場合、物理サーバのESXi上で promiscuous が有効かを確認する


ホストの準備ができない

ダッシュボードの [ホストの準備] タブから vCenterのクラスタを選択し [インストール] を行うことで、ESXi にNSXの機能が追加されます。これは VIB(vSphere Installation Bundle) と呼ばれるファイルを ESXi にインストールすることで行われています。VIBインストールは EAMというプロセスが行うのですが、vSphere Update Manager(VUM) が動いている場合にVIBインストールが失敗するケースがあります。 詳細は以下KBに細かく書かれています。

kb.vmware.com

自動のインストールが出来ないときは VIBファイルを NSX Manager からダウンロードして、手動でインストールすることで回避もできます。上記KBにありますが、VIBのURLは以下のとおりです。

https:///bin/vdn/vibs/5.5/vxlan.zip


ホストの通信チャネル健全性でエラーがでる

ここでもDNSが正常に設定されていることを確認します。VMware製品は1にも2にもDNS正引き/逆引きです。
ESXiがNSXコンポーネントとうまく通信出来てない可能性があるので、ESXi にログインして通信状況を確認します。

・ESXi と NSX Managerのコネクションを確認する
 → ESXi と NSX Manager は TCP/5671 で ESTABLISHED であること
 → ESXi と NSX Controller は TCP/1234 で ESTABLISHED であること

f:id:tokyo-wasted:20170627145452p:plain


・コネクションが張られていない場合はプロセスStatusを確認する
 → ESXi と NSX Manager は vShield-Stateful-Firewall (vsfwd)
 → ESXi と NSX Controller は netcpad

f:id:tokyo-wasted:20170627145506p:plain


・プロセスが落ちている場合は以下のコマンドで起動する

/etc/init.d/vShield-Stateful-Firewall start
/etc/init.d/netcpad start





参考メーカ公式情報

NSX for vSphereに関するトラブルシューティングKBは、各コンポーネントごとに細かく情報があります。以下のKBにリンクがまとまっているので、トラブル時にはまず以下KBから情報を集めるのがオススメです。

Troubleshooting VMware NSX for vSphere 6.x (2122691)
kb.vmware.com

検索エンジンの Bing を使ってみた話

常日頃からGoogleのサービスにどっぷりと浸かっている。
Googleで検索して、Google Mapで地図を調べて、YouTubeで動画を見て。

その中でも検索はすべてGoogleで、物事を調べるときの道しるべは常にGoogle
あまりにGoogleに依存しすぎている毎日に嫌気が差して、Bingを使ってみることにした。

Bingのトップ画面はかっこいい

Bingトップ画面を開いてみるとこんな感じになる。

f:id:tokyo-wasted:20170228003738p:plain

トップ画面の写真は毎日更新されて、動物だったり風景だったりとかっこいい写真が並ぶ。開いてるだけでかっこよくて、Googleのシンプルすぎる画面と比べると新鮮。
画面の下にはニュースのヘッドラインが写真付きで並ぶので、仕事中は気が紛れるものの、息抜きする時には便利だったりする。

見た感じGoogleと遜色ない

Microsoft がこれまで運営してきたサーチエンジンを元に作られてるBing。先行するGoogleを意識した作りになっているので、殆ど違和感なく使い始めることができた。

叙々苑で検索した結果。食べログレビューが表示されたり、地図表示も出てくる。
f:id:tokyo-wasted:20170228004753p:plain

ただ、Bing Mapにはストリートビュー機能がないので、店の周りを確認したい場合は Google Mapで再検索する必要がある。ここはBing Maps や iOS Maps に頑張ってほしいなぁと思うところ。

気になった検索結果の精度

Googleからの移行はスムーズに終わって Bingに慣れ親しんだ頃、検索結果に「ん?」と思うことが多くなった。 例えば検索結果が1件しか出てこない、あるいはGoogleで使っていた検索キーワードの結果が大きく違っているなど。
サービスが違うのだから検索結果が違うのは当たり前としても、特定キーワードでいつも探してたページが出てこないとちょっと面倒。

あと、困ったのがどうやってもページを探し出せないケースがでてきたこと。例えば2017年2月24日にリリースされた VMware vSphere 6.0 Update 3 のリリースノートを見ようと思って検索した結果がこちら。

Googleでの「vsphere 6.0 u3 release note」検索結果
f:id:tokyo-wasted:20170228010608p:plain


Bingでの「vsphere 6.0 u3 release note」検索結果
f:id:tokyo-wasted:20170228010615p:plain


Bingだと6.0 Update 2 のリリースノートがトップ表示で、Update 3のリリースノートは下に行っても表示されなかった。なのでBingを使ってると辿り着けない・・・・。

Bingで探したけど情報が見当たらず、Googleで検索し直すと見つかる、、、という場面に何度が遭遇しました。 仕事で使う上で致命的な問題になるなあという印象です。

結局Googleに戻ってきた

Google依存は嫌だけど、Bingを使って時間を無駄にしたり仕事の効率に影響するのはもっと嫌だ、ということで結局Googleを使うことになりそう。

Bingとのお付き合いは1ヶ月弱だったけど、また暫くしたら使ってみて進化を確かめたいなぁ、という感じ。


では。

VCAP6-NV Deployment 受験記

VMware社の資格試験は難易度によって大きく4段階に分かれています。

  •  難易度低 → VCA
  • 難易度中 → VCP
  • 難易度高 → VCAP
  • 難易度最高というかヤバい→ VCDX

 

今回受験したのは上から2つ目に難しいVCAP試験の1つ「VCAP6-NV Deployment」で、個人的には初めてのVCAP試験。

 

VCAP6-NV Deploy Certification Exam

 

試験問題については書くことができませんが、2014年末から2016年10月くらいまで実施されていたVCIX-NV試験によく似ています。

 

VCIX-NVとの違いを説明することで、VCAP-NV Deployment の試験内容をまとめてみましょう

  1. 試験費用が高くなった。VCIX-NVは4万円強くらいでしたが、VCAP-NVは消費税を含めると5.6万円です。会社に費用を申請するのも勇気がいるレベル。
  2. 時間が気持ち短くなった。VCIX-NVは180分の試験でした。更に英語が母国語でない受験者には30分の延長ボーナスがあったので210分が試験時間でした。VCAP-NVは190分で試験時間は長くなりましたが、延長ボーナスが15分なので合計205分。どちらにせよ長時間の試験には変わりありませんがw
  3. 問題数が増えた。VCIX-NVで16だった問題数は、大きく増えて23になりました。かなりタイトで、マニュアルを読んだり試行錯誤をしてる余裕は殆どありません。
  4. 問題レベルが上がった。VCIX-NVは「NSXの基本操作」というレベルでしたが、VCAP-NVは「NSXが持つ機能を網羅」って勢いで幅広く出題されます。VPNやユニバーサルコンポーネントもある程度触っておかないと何をしていいやら状態になります。
  5. NSXバージョンが変わった。6.2ベースの環境なので、Cross-vCenterに関係する問題が登場します。

 

その他、細かい点としては試験のインターフェースが変わり、インターネットで公開されているオンラインハンズオンラボ(VMware Learning Platform)と同じシステムになりました。オンラインハンズオンラボは無料で使うことができるので、必ずやり込んで操作感覚を掴んでおきましょう。

 

この環境では画面右にパネルが表示され問題文がでてきますが、ここで文字を選択して操作画面にドラッグ&ドロップができます。文字入力はそんなに快適ではないので、なるべく時間ロスなくサクサクと進めるようにしましょう。

 

1つ注意することとしては、試験環境では Backspaceキーが使用不可になってます! 入力した文字を消すには Deleteキーしか使えないので気をつけましょう。

 

2016年4月時点で VCAP保有の日本人は366名Where in the World are VCAPs? [Infographic] - VMware Education & Certification - VMware Blogsなので、まだまだ希少性はあるのではないかと思います。 1つといわず、2冠3冠目指したいですね!